試合結果


 
第25回電力親善柔道大会
第43回全九州実業団対抗柔道大会
第38回全日本実業柔道個人選手権大会
第93回九州柔道大会
第34回福岡地区実業団対抗柔道大会
平成29年 前期 平成29年 後期
平成28年 前期 平成28年 後期
平成27年 前期 平成27年 後期
平成26年 前期 平成26年 後期
平成25年 前期 平成25年 後期
平成24年 前期 平成24年 後期
平成23年 前期 平成23年 後期
平成22年 前期 平成22年 後期
平成21年 前期 平成21年 後期
平成20年 前期 平成20年 後期
平成19年 前期 平成19年 後期
平成18年 前期 平成18年 後期
平成17年 前期 平成17年 後期
平成16年 前期 平成16年 後期
平成15年分 平成14年分

 第25回電力親善柔道大会
開催日
平成20年12月7日(日)
場 所 東京電力柔道場
参加会社 東北、東京、北陸、中部、関西、中国、四国、九州
結 果
[団体戦]
優  勝 北陸電力
準優勝 東北・中国・四国電力合同チーム
第三位 九州電力
  関西電力
[個人戦]
-66kg  
優  勝 久保(中部電力)
準優勝 吉田(東北電力)
第三位 河上(九州電力)
第三位 鍛治谷(東京電力)
-73kg  
優  勝 上田(東京電力)
準優勝 沖田(九州電力)
第三位 稲村(東北電力)
第三位 磯崎(東京電力)
-81kg  
優  勝 岩城(北陸電力)
準優勝 山本(関西電力)
第三位 板根(関西電力)
第三位 伊藤(東北電力)
-90kg  
優  勝 加茂野(北陸電力)
準優勝 石黒(北陸電力)
第三位 照山(九州電力)
第三位 高田(四国電力)
+90kg  
優  勝 八木(四国電力)
準優勝 高山(九州電力)
第三位 鈴木(東京電力)
第三位 山根(関西電力)
内 容  
 
[団体戦]  
第一試合(第一試合場)
九州電力
東京電力
先鋒 山本(参段)
袈裟固  
赤瀬(弐段)
次鋒 高山(四段)
  引分け  
荒(弐段)
八将 高野(初段)
小内刈  
上田(参段)
七将 照山(弐段)
  引分け  
志賀(参段)
六将 沖田(弐段)
内 股  
俵(弐段)
五将 河上(参段)
  引分け  
下山(初段)
四将 篠崎(弐段)
  引分け  
金見(初段)
三将 谷口望(弐段)
  引分け  
菅井(参段)
副将 橋口(弐段)
  優  勢
諏訪部(初段)
大将 近藤(参段)
内 股  
鈴木(初段)
第二試合(第二試合場)
九州電力
北陸電力
先鋒 山本(参段)
背負投  
野崎(弐段)
次鋒 釜田(五段)
  引分け  
尾崎(弐段)
八将 高野(初段)
優  勢  
楚田(弐段)
七将 照山(弐段)
  引分け  
大垣(参段)
六将 沖田(弐段)
  優  勢
岩城(弐段)
五将 牛島(無段)
  袈裟固
加茂野(弐段)
四将 篠崎(弐段)
  裏  投
城地(初段)
三将 谷口望(弐段)
腰  絞  
佐々木(初段)
副将 橋口(弐段)
  払  腰
石黒(弐段)
大将 近藤(参段)
袖釣込腰  
宮脇(参段)
   

 第43回全九州実業団対抗柔道大会
開催日 平成20年10月19日(日)
場  所 福岡武道館
結  果
[第一部] 5人戦、8チーム
優  勝 旭化成(三連覇)
準優勝 九州電力
第三位 かつ柔道クラブ
第三位 戸高鉱業社
[第二部] 5人戦、20チーム
優  勝 山小屋
準優勝 久留米自衛隊
第三位 新日鐵大分
第三位 九州電力
[第三部] 3人戦、15チーム
優  勝 山小屋
準優勝 福岡拘置所
第三位 新日鐵大分
第三位 安川電機
内  容
[第一部]
一回戦
九州電力A
ホンダ熊本
準決勝
九州電力A
戸高鉱業社
   .
一本勝  
崎 村
  山 本
  引分け  
高 橋
  川 波
小内刈  
赤 迫
  近 藤
袖釣込  
細 田
  桑 原
  引分け  
崎 村
※地元大分国体を機にチーム強化を図る戸高鉱業社との一戦。
接戦が予想されましたが、先鋒嶺選手の幸先良い一本勝ちで波に乗り、大会前腰痛に苦しんだ川波主将が相手ポイントゲッターに小内刈で見事に一本。続いて、一年目の近藤選手がすばやい動きで相手を翻弄し、袖釣込で一本勝ち。
決勝戦
九州電力
A
旭化成
   .
  引分け  
広 瀬
  川 波
優  勢  
角 地
   .
  優  勢
松 山
  山 本
優  勢  
河 野
  近 藤
  大外刈
木 村
※先鋒嶺選手引分けの後、両チームの主将対戦となった次鋒戦で川波選手が小内刈で奪った効果ポイントを守りきり、リード。中堅戦では、お互い頭を付け合う展開になり、体格で劣る南選手がよく凌ぐも、終盤相手の圧力に耐え切れず反則ポイントを重ね優勢負け。ここまで1対1ながら、内容差でリードを許す。
続く副将戦、強豪河野選手と一年目山本選手の一戦。両者は5月の西日本大会でも対決し、そのときは山本選手が勝利。体格で勝る河野選手が背中と足をつかみ、再三強引に投げに行くも山本選手が良く凌ぎポイントなし。逆に中盤、山本選手が前回同様、大内刈で技ありを奪取。その後、河野選手の猛攻を凌ぎきり勝利。
大将戦は、実業団個人戦重量級2位の木村選手と近藤選手の対戦。前半から近藤選手がよく動き、相手にいいところを持たせない展開が続くも、中盤以降、体格に勝る木村選手の圧力に、次第に近藤選手の頭が下がり、反則ポイントを重ねる。終盤、再逆転を狙い、袖釣りを見せるもポイントなし。最後は大外刈で一本負け。
2対2となりましたが、内容差で旭化成の勝利。

[第二部]  
一回戦
九州電力
JR九州B
二回戦
九州電力
新日鐵八幡
  高 野
  引分け  
池 崎
  沖 田
内股透  
松 浦
  高 山
  優  勢
中 島
  尾 本
小外刈  
津 江
  前 田
腕絡み  
柴 原
三回戦
九州電力
A
国分自衛隊A
  高 野
  引分け  
中 島
  沖 田
  優  勢
相牟田
  高 山
  背負投
相 馬
  尾 本
払い腰  
貞 元
  前 田
優  勢  
新 村
準決勝
九州電力
久留米自衛隊
  高 野
  優  勢
早 野
  沖 田
  背負投
小 山
  高 山
  巴投げ
向 井
  尾 本
反 則  
清 水
  前 田
合せ技  
永 瀬

[第三部]  
二回戦
都城自衛隊
九州電力
 
九電工A
濱田重工
 
九電工B
肥後銀行
  ※九電工Bの代表戦勝ち
三回戦
九電工A
新日鐵大分
 
九電工B
山小屋
 











   

 第38回全日本実業柔道個人選手権大会
開催日 平成20年8月30日(土)〜31日(日)
場  所 尼崎市記念公園総合体育館
結  果
+100kg 南  陽大(福岡支店用地部)3回戦敗退
森  俊介(福岡南営業所)怪我のため欠場
尾本 裕也(業務部)3回戦敗退
嶺  直樹(福岡支店用地部)4回戦敗退
-100kg 川波慎太郎(総務部)怪我のため欠場
-90s 近藤 雅和(福岡西営業所)初戦敗退
-81kg 篠崎 康二(福岡東営業所)初戦敗退
  山本 泰三(福岡東営業所)5回戦敗退 ベスト8
-73kg 沖田 竜一(日田電力所)初戦敗退
-66kg 高野 文昭(玄海NPS)3回戦敗退
内  容
100kg超級 77名出場    
1回戦
尾 本
払い腰  
竹 本(瀬野川病院)
2回戦 南 
大 腰  
半 沢(ワイエスフード)
  尾 本
棄 権  
中 野(綜合警備保障)
  嶺 
棄 権  
松 原(十全会おおりん病院)
3回戦 南 
  技あり 
木 村(旭化成) ※準優勝
  尾 本
  支釣込 
市 川(京葉ガス)※第三位
  嶺 
優 勢  
横 尾(日光警備保障)
4回戦 嶺 
  小外刈
森 田(新日本製鐵)

90kg以下級 86名出場    
2回戦 近 藤
  掬い投
河 原(京葉ガス)

81kg以下級 111名出場    
1回戦 篠 崎
  払い腰
稲 沢(ダイコロ)
2回戦 山 本
横四方  
大 森(日柔整請求サービス)
3回戦 山 本
優 勢  
牧 村(東京消防庁)
4回戦 山 本
優 勢  
渡 邊(自衛隊体育学校)
5回戦 山 本
  優 勢
武 藤(了徳寺学園)
※ゴールデンスコアによる延長戦に入り、終盤、払い腰で有効を奪われる。

73kg以下級 88名出場    
1回戦
沖 田
  効 果
延 島(まるや接骨院)

66kg以下級 87名出場    
1回戦
高 野
棄 権  
川 上(まるや接骨院)
2回戦 高 野
合せ技  
亀 崎(東京消防庁)
3回戦 高 野
  合せ技
長 野(綜合警備保障)
 











   

 第93回九州柔道大会  旭化成に敗れ、第二位!
 

明治38年から続く、伝統ある大会。
小学校、中学校、高校、一般に分かれ、多くの柔道愛好家が参加する大会です。
開催日 平成20年8月24日(日)
場  所 福岡武道館
結  果
【一般の部、19チーム参加】
優  勝 旭化成
準優勝 九州電力
第三位 鰍ヘりば
  福岡刑務所
内  容
 二回戦
九州電力
春日自衛隊
   .
不戦  

  前 田
袈裟固  
松 中
  尾 本
払い腰  
山 崎
   .
  引分け  
小 阪
  桑 原
横四方  
高 橋
 三回戦 
九州電力
肥後銀行
   .
注意  
杉 山
  前 田
掬い投げ  
 笠
  尾 本
払巻込  
田 中
   .
大腰  
 堤
  桑 原
  引分け  
野 中
 準決勝 
九州電力
福岡刑務所
   .
  引分け  
芦 刈
  前 田
内 股  
 脇
  尾 本
  引分け  
末 松
   .
  引分け  
梅 津
  桑 原
袖釣込  
下 川
 決 勝 
九州電力
旭化成
   .
  引分け  
河 野
  前 田
  優  勢
 辻
  尾 本
  大内刈
木 村
   .
  小外刈
大 鋸
  桑 原
  注  意
松 山
 











   

 福岡地区実業団で四連覇!
開催日 平成20年8月3日(日)
場  所 福岡武道館
結  果
優  勝

当社A(四年連続21度目)
   ※優秀選手:尾本裕也選手
準優勝

当社B
※優秀選手:高山哲也選手
第三位 綜合警備保障福岡
内  容
 <予選リーグ>
九州電力A
福岡拘置所
 
九州電力A
西日本シティ銀行
 
九州電力B
福岡市消防局
 
九州電力B
池友会柔道クラブ
 <決勝リーグ>
九州電力A
九州電力B
   .
払い腰  
沖 田
   .
小外掛  
高 野
   .
掬い投  
前 田
  尾 本
小外掛  
篠 崎
  山 本
上四方  
高 山
 
九州電力A
綜合警備
  山 本
上四方  
竹 内
   .
支釣込  
緒 方
   .
足払い  
山 田
   .
  引分け  
三 原
  尾 本
大外刈  
波多江
 
九州電力B
A
綜合警備
  沖 田
  引分け  
竹 内
  高 野
  優  勢
瓜 生
  前 田
内 股  
緒 方
  篠 崎
  内 股
山 田
  高 山
燕返し  
波多江