試合結果

平成29年 前期 平成29年 後期
平成28年 前期 平成28年 後期
電力交流柔道大会
グランドスラム東京
第63回全日本産業別柔道大会
第38回熊本県実業団対抗大会
第50回全九州実業団対抗柔道大会
第45回全日本実業柔道個人選手権大会
アスタナ世界柔道選手権大会
第100回九州柔道大会
第41回福岡地区実業団対抗柔道大会対抗大会
平成27年 前期    
平成26年 前期 平成26年 後期
平成25年 前期 平成25年 後期
平成24年 前期 平成24年 後期
平成23年 前期 平成23年 後期
平成22年 前期 平成22年 後期
平成21年 後期 平成21年 後期
平成20年 前期 平成20年 後期
平成19年 前期 平成19年 後期
平成18年 前期 平成18年 後期
平成17年 前期 平成17年 後期
平成16年 前期 平成16年 後期
平成15年分 平成14年分


 電力交流柔道大会
  福岡武道館において、当社が幹事会社となり、電力交流大会を開催しました。
昭和59年から電力親善大会として開催しておりましたが、東日本大震災の影響も有り一時中断。昨年、電力交流大会として再開したものです。
通算すれば、29回目となります。
今回も、ほぼ昨年と同様の7社、約100名の皆さんに参加いただき、賑やかに開催することが出来ました。
親善試合、合同稽古から交流懇親会まで、ご参加いただいた各社の皆さまには、遠いところから誠にありがとうございました。
開催日 平成27年12月5日(土) 12時30分〜16時
場  所 福岡武道館
参加者
高山哲也選手(福間営業所)
釜田安寛選手(電力輸送技術センター)
沖田竜一選手(延岡送変電工事所)
河上 勉選手(八幡営業所)
篠崎康二選手(飯塚営業所)
高野文昭選手(玄海原子力発電所)
福田裕太選手(熊本西営業所)
浅井雄一選手(福岡支社企画・総務部)
成田秀明選手(島原営業所)
松尾 忍選手(八代営業所)
日高正人選手(福岡西営業所)
甲斐俊二選手(福岡西営業所)

結  果


※10人戦
九州電力
 北陸電力
九州電力
 東京・中国・四国連合
東京・中国・四国連合
 北陸電力
関西電力
 中部電力
関西電力
 北陸電力
九州電力
 中部電力
※東西戦 12人戦   
東軍(東京・北陸・中部)
西軍(関西・中国・四国・九州)
 
   

 グランドスラム東京
開催日 平成27年12月4日(金)〜6日(日)
場  所 東京体育館
結  果
優  勝 原沢選手(日本中央競馬会)
準優勝 七戸龍選手(東京支社)
第三位 上川選手(京葉ガス)
第三位 ボンダレンコ(ウクライナ)

内  容


 2回戦 七 戸
反 則  
ガルシアメンドーサ(キューバ)41位
 3回戦 七 戸
横四方  
王子谷選手(旭化成)12位
 準決勝 七 戸
反 則  
ボンダレンコ(ウクライナ)
 決 勝 七 戸
  反 則
原沢選手(日本中央競馬会)10位
 

東京体育館において、グランドスラム東京が開催され、日本代表として七戸龍選手(東京支社)が参加しました。

世界ランキング3位で、今大会第1シードの七戸龍選手は、二回戦から登場。初戦はキューバの選手に順調に勝利し、三回戦では、昨年の全日本選手権優勝者で、五輪へ向けたライバルの一人である王子谷選手と対戦。ここでは、試合序盤に内股で有効を奪い、そのまま抑え込んで一本勝ち。続く準決勝も、相手の反則で難なく勝利。順当に決勝に進出しました。
反対パートからは、もう一人のライバルである原沢選手が進出。今年4月の全日本選手権決勝戦以来の対戦となりました。
試合は、序盤から終始、緊迫した組み手争いが続き、ともに思うような組み手になれぬまま時間だけが経過し、両者に「指導3」が与えられたまま5分が終了し、ゴールデンスコアへ。30秒過ぎ、原沢選手がやや攻勢に出たところで、主審が試合を止め、七戸龍選手にのみ、「指導」を宣告し、反則負け。残念ながら優勝はなりませんでしたが、日本代表をかけた緊迫感のある一戦でした。

お休みのところ、応援にお越しいただいた皆さまには、誠にありがとうございました。
彼の目標である五輪金メダルへ向け、更に戦いは続きますので、引き続きご声援をよろしくお願いします。

   

 第63回全日本産業別柔道大会
開催日 平成27年11月23日(月、祝)
場  所 講道館
参加者 七戸虎選手(福岡西営業所)
結  果 エネルギー部門 予選リーグ敗退(3敗1分)

※エネルギー部門
 京葉ガス、東京ガス、大阪ガス、当社で構成

内  容
《第一試合》
エネルギー部門
 運輸部門
七戸虎
反 則  
石田選手(センコー)
《第二試合》
エネルギー部門
 警備部門
七戸虎
  引分け  
井上選手(綜合警備保障)
《第三試合》
エネルギー部門
 食品・印刷・サービス部門
七戸虎
  肩固め
北野選手(パーク24)
《第四試合》
エネルギー部門
 医療接骨部門
七戸虎
支釣足  
窪田選手(北信越柔整専門学校)
 






   

第38回熊本県実業団対抗大会
 

熊本武道館において第38回熊本県実業団対抗大会が開催され、第2部に当社及び九電工(2チーム)が参加しました。

当社は、予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメント1回戦で九電工Bチームに敗れ惜しくも3位となりました。予選リーグでは、高野選手の残り10秒で劇的な逆転一本勝ち、そして福田選手のここぞとばかりの粘りの引き分けで決勝トーナメントに進むことができました。両選手は、来月福岡で開催される「電力交流柔道大会」でも活躍してくれることと思います。

開催日 平成27年11月8日(日)
場  所 熊本武道館
参加者 川波 慎太郎選手(福岡西営業所)
高野 文昭選手(玄海原子力発電所)
福田 裕太選手(熊本西営業所)
結  果

【第一部】 5チーム
 優  勝  かつ柔道クラブA
 準優勝  ホンダ熊本
 第三位  熊本刑務所A
    【第二部】 10チーム
 優  勝  九電工A ※来年度1部昇格
 準優勝  九電工B
 第三位  九州電力
内  容
【第二部】      
1回戦 九州電力  @  − 1  肥後銀行
  川 波 背負投   平 本
  福 田   引分け   田 中
  高 野   内  股 野 中
代表戦 川 波 巴投げ   野 中
2回戦 九州電力  2  − 1  かつ柔道クラブB
  川 波 反 則   小 澄
  福 田   指導3 高 木
  高 野 小外掛   吉 岡
 決勝トーナメント        
1回戦 九州電力  1  − 2  九電工B
  川 波 上四方   篠 原
  福 田   大内刈 石 橋
  高 野   指導2 畑 中
決勝戦 九電工A 2 − 1  九電工B
  波多江   不 戦 篠 原
  合せ技   石 橋
  中 島 上四方   畑 中
 






   


1回戦 福田選手対田中選手(肥後銀行)


第二部決勝戦

中堅 森選手 対 石橋選手
森選手の豪快な小外が極まる!!


先鋒 篠原選手 不戦勝

大将 中島選手 対 畑中選手

     

第50回全九州実業団対抗柔道大会
 

福岡武道館において第50回全九州実業団対抗大会が開催され、当社及び九電工から第一部(上位8チーム)に1チームずつ、第三部(34チーム)に当社チームが参加しました。
第一部においては、準決勝で九電工との戦いに勝利した当社チームが、実業団チャンピオンの旭化成に挑戦しましたが、残念ながら0対5の完敗。勝利なりませんでした。
第三部においては、ベテラン選手を中心に臨み2勝したものの、準々決勝で強豪の福岡刑務所チームに代表戦の末破れ、こちらも入賞なりませんでした。

この大会をもちまして、今年の団体公式戦は終了しました。今年は、怪我人も多く、またベテラン選手が多い中、全日本実業団でベスト8、西日本実業団で第三位、九州実業団で準優勝と、目標には今一歩でしたが、しっかりと結果を残してくれました。

来年も引き続き、少数精鋭での戦いになりますが、目標に向け、しっかりと精進を重ねてまいりたいと思います。引き続き、応援をよろしくお願いします。

開催日 平成27年10月18日(日)
場  所 福岡武道館
参加者 近藤 雅和選手(福岡営業所)
※怪我で長く戦列を離れていた主将が戻ってきました。
また、あの凄まじい技の切れでチームを引っ張ってくれるものと思います。
川波慎太郎選手(福岡西営業所)
山本 泰三選手(業務本部)
森  俊介選手(QOP)
七戸  龍選手(東京支社)
※来年のオリンピックを目指す龍選手も、準決勝1試合に出場しました。
次の戦いは、12月初旬のグランドスラム東京の予定です。
七戸  虎選手(福岡西営業所

尾本 裕也選手(QOP)
前田 貴志選手(業務本部)
桑原 和寿選手(QOP)
福田 裕太選手(熊本西営業所)

結  果

【第一部】 上位8チーム
優  勝  旭化成 ※10年連続43回目
準優勝  九州電力
第三位  九電工
第三位  陸上自衛隊西部方面隊A
※ 九州電力B・戸鉱業社 ⇒ 来年度 第二部降格

【第二部】 9チーム
優  勝  戸鉱業社 ⇒ 来年度 第一部昇格
準優勝  大分刑務所 ⇒ 来年度 第一部昇格
第三位  ホンダ熊本
第三位  新日鐵住金大分

【第三部】 34チーム
優  勝  JR九州
準優勝  福岡刑務所
第三位  十全会回生病院
第三位  光仁会病院A

内  容
【第一部】      
1回戦 九電工   A  − 2  福岡刑務所
  九州電力  3  − 2  陸上自衛隊西部方面隊B
  川 浪 体落し   野 口
    背負投 梶 木
  山 本   小外刈 岩 永
  七戸虎 出足払   新 平
  近 藤 体落し 大 塚
準決勝 九州電力  3  − 1  九電工
  山 本   優 勢  森
  七戸虎 内 股   篠 原
  七戸龍 腕絡み   中 嶋
    引分け   波多江
  近 藤 大外刈   畑 中
決 勝 九州電力  0  − 5  旭化成
  川 浪   合せ技 田 中
  七戸虎   支釣足 上 杉
    大外刈 百 瀬
  山 本   優 勢 西 田
  近 藤   僅 差 野 田
【第三部】      
2回戦 九州電力  3  − 0  ALSOK・B
  福 田   払 腰 別府
  前 田 不 戦   向志水
  尾 本 反 則   森永
3回戦 九州電力  @  − 1  熊本自衛隊
  福 田   縦四方 金 子
  前 田 横四方   中 道
  尾 本   引分け   小 嶋
代表戦 前 田 袈裟固   金 子
準々決勝 九州電力 1 − @  福岡刑務所
  福 田   大外刈 末 松
  前 田   引分け    粟
  桑 原 内 股   本 田
代表戦 桑 原   優 勢  粟
 






 
   

 第45回全日本実業柔道個人選手権大会
開催日 平成27年8月29日(土)〜30日(日)
場  所 兵庫県尼崎市 ベイコム総合体育館
結  果

【81kg級】92名出場
 山本 泰三(業務本部)  四回戦敗退
 帆高 純平(福岡西営業所)  三回戦敗退
 畑中 勝尋(九電工)    初戦敗退

【90kg級】79名出場
 篠  原渉(九電工)  二回戦敗退
 森  貴顕(九電工)  初戦敗退
 波多江純平(九電工)  初戦敗退

【100kg級】66名出場
 川波慎太郎(福岡西営業所) 三回戦敗退
 森  俊介(QOP)    初戦敗退
 七戸  虎(福岡西営業所) 四回戦敗退

【100kg超級】66名出場
 中島 大勝(九電工) 三回戦敗退

内  容
81kg級      
1回戦 帆 高
大 腰  
神谷(海洋丸柔道クラブ)
  畑 中
  僅 差
田中(金沢学院クラブ)
2回戦 帆 高
大 腰  
土屋(アイシン精機)
  山 本
小外刈  
後藤(JR東日本)
3回戦 帆 高
  大外返
世古(赤穂ヤワラクラブ)
  山 本
大内刈  
山田(KKスポーツ)
4回戦 山 本
  大内刈
小林(パーク24)
90kg級      
2回戦 篠 原
  内 股
河原(京葉ガス)
 
  合 技
北野(パーク24)
  波多江
  優 勢
近藤(アイシン精機)
100kg級      
2回戦 川 波
背負投  
奈須(JR九州)
  七戸虎
払い腰  
橋本(トーエー企業)
 
  僅 差
手塚(京葉ガス)
3回戦 川 波
  横四方
下和田(京葉ガス)
  七戸虎
払い腰  
岡(新日鐵住金)
4回戦 七戸虎
  小外掛
熊代(ALSOK)
100kg超級      
2回戦 中 島
優 勢  
米田(十全会回生病院)
3回戦 中 島
  僅 差
増子(東レ)
 

 








   

 アスタナ世界柔道選手権大会
  カザフスタンで開催された世界柔道選手権において、当社の七戸龍選手が世界の強豪を撃破し、2年連続の決勝に進出。残念ながら、決勝ではリネール選手(フランス)にフルタイム戦って優勢負けしたものの、見事に銀メダルを獲得しました。
優勝は逸したものの、リネール選手以外には負けない力を証明出来たことで、来年のオリンピックに向け、着実な一歩になったことと思います。
開催日
平成27年8月24日(月)〜30日(日)
開催地 カザフスタン アスタナ
結  果 <100kg超級>
  七戸  龍 (東京支社) 準優勝
  内  容





1回戦 七戸龍
優勢勝  
モウラ(ブラジル) 
※ランキング12位
2回戦 七戸龍
優勢勝  
アレルストルファー(オーストリア)
準々決勝 七戸龍
大外刈  
ハンモ(ウクライナ)
準決勝 七戸龍
横四方  
オクルアシビリ(ジョージア)
※ランキング8位
決  勝 七戸龍

  優勢勝
リネール(フランス)
※ランキング1位

   

 第100回九州柔道大会
開催日 平成27年8月23日(日)
場  所 久留米市 総合スポーツセンター体育館
参加者 河上  勉(八幡営業所)
福田 裕太(熊本西営業所)
釜田 安寛(電力輸送技術センター)
高山 哲也(福間営業所)
南  陽大(佐賀支社)
沖田 竜一(延岡送変電工事所)
高野 文昭(玄海原子力発電所)
結  果 [一般の部 参加 26チーム]

優 勝  西短岩佐塾
準優勝  福岡刑務所
第三位  かつ柔道クラブ
第三位  ALSOK九州Aチーム

内  容
ALSOK九州B
@
 九州電力
醒 井
  合せ技
高 野
伊 藤
背負投げ  
福 田
平 岡
  引分け  
沖 田
松 尾
  引分け  
高 山
 中 原
  引分け  
 南
代表戦   松 尾
小内刈  
高 山
 






    レギュラーメンバーは、今週末に控える全日本実業団個人戦出場に向け、調整中のため、ベテラン中心のメンバーで臨みました。
接戦となりましたが、代表戦の末、惜しくも敗退。入賞はなりませんでした。
   

 第41回福岡地区実業団対抗柔道大会対抗大会
 

 25日(土)に福岡武道館で第41回福岡地区実業団対抗柔道大会が開催され、当社及び九電工チームが参加しました。
順当に勝ち進んだ当社チームは、決勝で福岡刑務所チームを破り、11年連続28回目の優勝を果たしました。

開催日
平成27年7月25日(土)
場  所 福岡武道館
結  果 優  勝  九州電力(11年連続28回目)
準優勝  福岡刑務所A

※ 参加チーム数:6チーム
※ 九電工チームは、予選リーグ敗退

内  容
【予選リーグ】
  九州電力
 ふくおかフィナンシャルグループ
  九州電力
 福岡刑務所
  九電工
 福岡市消防局
  九電工
 福岡刑務所A
【決 勝】
  九州電力
 福岡刑務所A
帆  高
  引分け  
田 上
七戸 虎
優 勢  
吉 竹
山  本
僅 差  
井佐子
前  田
優 勢  
 堤
上四方  
梅 津