試合結果


 
第34回全日本実業柔道個人選手権大会
第30回福岡地区実業団対抗柔道大会
第54回全日本実業団柔道団体対抗大会
第44回西日本実業 柔道団体対抗大会
平成16年全日本柔道選手権(兼アテネ五輪最終選考会)
第46回九州柔道選手権大会
九州選手権・福岡県予選
九州選手権・大分県予選
九州選手権・鹿児島県予選
平成29年 前期 平成29年 後期
平成28年 前期 平成28年 後期
平成27年 前期 平成27年 後期
平成26年 前期 平成26年 後期
平成25年 前期 平成25年 後期
平成24年 前期 平成24年 後期
平成23年 前期 平成23年 後期
平成22年 前期 平成22年 後期
平成21年 前期 平成21年 後期
平成20年 前期 平成20年 後期
平成19年 前期 平成19年 後期
平成18年 前期 平成18年 後期
平成17年 前期 平成17年 後期
平成16年 前期 平成16年 後期
平成15年分 平成14年分

 第34回全日本実業柔道個人選手権大会
開催日

平成16年8月28日(土)  −60kg級,−66kg級,−73kg級,−81kg級
平成16年8月29日(日)  −90kg級,-100kg級,100kg超級
場 所 兵庫県 尼崎市 尼崎記念公園体育館




大会概要



今回で34回目を向かえる実業団の中では最も大きな個人戦。
男女含めて15階級あるなかで当社は4階級に出場。試合時間は4分。
(但し準決勝,決勝は5分)
国際柔道連盟試合審判規定(ゴールデンスコアー方式適用)による試合。
出場選手
−90kg級 前田 貴志(資材燃料部) 二回戦敗退
−100kg級 小川 健 (福岡南営業所) 初戦敗退
  尾本 裕也(情報通信事業部) 三回戦敗退
  桑原 和寿(福岡支店用地部) 初戦敗退
  川波 慎太郎(福岡営業所) 第三位
    ※講道館杯出場予定  
100kg超級 江上 忠孝(総務部) 準優勝
  南 陽大(福岡東営業所) 四回戦敗退
  嶺 直樹(福岡営業所) 棄権
 

 

内 容  
 
【100kg超級】79名出場    
優 勝  落 合(新日本製鐵)
準優勝  江 上(九州電力)
第三位  河 野(旭化成)
   市 川(京葉ガス)
   
2回戦
江 上
不戦勝  
永井(新日鐵)
  南 
不戦勝  
市ノ渡(平成管財)
3回戦 江 上
優 勢  
石崎(日本道路公団)
  南 
反則勝  
八汐(日本道路公団)
4回戦 江 上
袖釣込  
吉永(京葉ガス)
  南 
  横四方
市川(京葉ガス)
準々決勝 江 上
大外刈  
古田(セコム)
準決勝 江 上
小外刈  
河 野(旭化成)
決 勝 江 上
  小外刈
落合(新日本製鐵)


 中盤まで袖釣込による「技あり」,押さえ込み「有効」,「指導」と試合を優位に進めていた江上選手でしたが,残り二分,相手の仕掛けた裏投げ気味の小外刈をかわし切れず,一本負け。自身三回目の優勝目前に無念の逆転負け。
 
【100kg以下級】75名出場    
優 勝  柴 田 (セコム)
準優勝  大 金 (ダイコロ)
第三位  川 波 (九州電力)
   近 藤 (日本道路公団)
   
1回戦
川 波
横四方  
出口(近畿通関)
2回戦 川 波
不戦勝  
本郷(日本中央競馬会)
  桑 原
  優 勢
柴田(セコム)
  尾 本
不戦勝  
淡 (甲南大学OB会)
  小 川
  総合勝
大金(ダイコロ)
3回戦 川 波
優 勢  
本郷(セコム)
  尾 本
  指 導
近藤(日本道路公団)
4回戦 川 波
背負投  
坂本(了徳寺学園)
準々決勝 川 波
優 勢  
小嶋(綜合警備保障)
準決勝 川 波
  内 股
柴田(セコム)


 階級をひとつ上げての出場となった川波選手でしたが,序盤から速い動きで相手を圧倒し,次々に強豪選手を倒しました。準決勝では,優勝した柴田選手の内股をかわしきれず,負けを喫してしまいましたが,次に繋がる意義ある第三位入賞となりました。
11月に千葉で開催される講道館杯日本体重別選手権の出場権を獲得しました。
 
【90kg以下級】62名出場    
優 勝  齋 藤(旭化成)
準優勝  齋 藤(セコム)
第三位  高 橋(新日本製鐵)
   小 川(綜合警備保障)
   
1回戦
前 田
優 勢  
塚田(日本エースサポート)
2回戦 前 田
  優 勢
齋藤(旭化成)

所 感  
   今回は,尾本選手が100kg超級から1階級落として-100kg級,川波選手が-90kg級から1階級上げて-100kg級にエントリーして-100kg以下級に当社の選手がひしめく試合となりました。
結果は,-90kg以下級の前田選手が今回も優勝し2年連続優勝の斉藤選手に惜敗。-100kg以下級は川波選手が-100kg以下級の有望選手に勝抜き3位に入る大健闘でした。
100kg超級の江上選手は決勝で落合選手に逆転負けして準優勝でした。
今大会で各々課題が出来たと思うので、九州実業団に向けて奮起することでしょう。
   

 第89回九州柔道大会
開催日 平成16年8月22日(日)


大会概要

九州の実業団,社会人のクラブチームが参加
試合時間:3分
場 所 久留米総合スポーツセンター県立久留米体育館
出場選手 福田,高山,篠崎,戸次,高田,河上,古野
結 果  
 
2回戦 九州電力
A
綜合警備九州B

福  田
足払い  
長谷川
  高  山
  ×  
窪  山
  篠  崎
  優 勢
瓜  生
  河  上
  優 勢
竹  内
3回戦 九州電力
(株)はりばA
  福  田
  優 勢
藤  村
  高  山
  ×  
山  田
  篠  崎
  優 勢
浦  崎
  河  上
  小外刈
吉  原
  高  田
  ×  
田  代
3回戦敗退    
 
1位 旭化成 2位 福岡県柔道教員団 3位 綜合警備九州A(株)
          はりばA
所 感  
  今回の大会は翌週に全日本実業団個人戦大会が控えており,主力選手は出場しなかった。
残りのメンバーで戦ったが3回戦で敗退。もっと負けてもともとの開き直った積極的な攻撃が必要。
   

第30回福岡地区実業団対抗柔道大会
開催日 平成16年8月1日(日)


大会概要

福岡地区の実業団,刑務官が参加
試合時間:4分
場 所 福岡武道館


出場選手

第一部  江上,桑原,川波,南,高田,小川
第二部  堺,宗,高山,戸次,福田,河上,尾本
結 果  
 
予選リーグ 九州電力A
岩崎建設
  九州電力A
福岡銀行
  九州電力B
福岡市消防局
  九州電力B
綜合警備保障九州
 
決勝リーグ 九州電力A
九州電力B

川 波
背負投げ  
河 上
  桑 原
内  股  
高 山
 
合  技  
戸 次
  高 田
  払  腰
尾 本
  小 川
袈裟固め  
福 田
  九州電力B
福岡刑務所
  河 上
  小外掛け
井 出
  尾 本
払  腰  
芦 刈
  堺 
  内  股
丸 山
  高 山
  ×  
下 川
  宗 
  ×  
 粟
  九州電力A
福岡刑務所
  川 波
上四方固  
井 出
  高 田
  注  意
芦 刈
  南 
  注  意
丸 山
  桑 原
内  股  
下 川
  小 川
  大 外 刈
 粟
 
1位  福岡刑務所 2位  九州電力A 3位  九州電力B
所 感  
  今回の試合は怪我人や台風などの影響で選手が揃わず厳しい戦いだった。
   
 
 第54回全日本実業団柔道団体対抗大会


開催日

平成15年5月29日(土) 男子3部,女子1部
平成15年5月30日(日) 男子1部,2部,女子2部




大会概要



今回で54回目を迎える実業団団体大会ではもっとも大きな大会。
試合時間:4分
審判規定:国際柔道連盟試合審判規定(ゴールデンスコア方式採用)
判定の基準:効果以上
場 所 秋田県立武道館


出場選手

第一部  江上,尾本,前田,川波,嶺,南,高田
第二部  堺,小川,宗,高山,桑原,倉石,福田
結 果
第一部 優 勝 旭化成A
  準優勝 日本中央競馬会
  第三位 新日本製鉄
  了徳寺学園
第二部 優 勝 京葉ガス
  準優勝 セコム
  第三位 東京消防庁
  東レ滋賀
内 容  
 
第一部      
1回戦敗退 九州電力
A
日本道路公団
  嶺 
優勢(指導)  
三矢
  川波
  ×  
深川
  南  
  支釣込足
小斉
  尾本
  横四方固
田村
  江上
反則勝ち  
中村
 
第二部      
1回戦 九州電力
A
本田技研熊本
2回戦 九州電力
A
大阪刑務所
  境 
  ×  
永野
  小川
払腰  
江藤
  高山
  合せ技
安部
  宗  
内股  
嶋羽
  桑原
内股  
金谷
3回戦  
 
  境 
  合せ技
草刈
  小川
  横四方固
中濱
  高山
  小内刈
市川
  宗  
  ×  
古賀
  桑原
  ×  
山岸
 
 今回の大会は,1部は1回戦に優勝候補の日本道路公団と対戦し壮絶なる接戦でした。
先鋒戦は試合巧者の三矢に対し,指導ポイントしかが奪えずタイムアップ。次鋒戦は川波が深川に対しスタミナで競り勝ち引き分け。中堅戦は新人の南が序盤ポイントゲッターの小斎から支釣込足で技ありを奪ったが,試合中盤に相手の支釣込足で一本負け。副将はエースの田村相手に尾本が押さえ込まれて,万事休す。大将戦の江上は中村が消極的柔道で技に入れなかったが最終的に相手の反則の連続による一本勝ちで試合を終えました。
今回の課題は,勝とうとする気持ちが相手より下回っていたことが敗因であるので,今後は九州実業団に向けて,気持ちを引き締めなおして団結していく所存です。
   

 第44回西日本実業 柔道団体対抗大会
開催日 平成16年 5月9日(日)
場 所 尼崎市記念公園総合体育館
出場選手
第一部 宗,江上,尾本,前田,川波,嶺,南
   
第二部 桑原,倉石,小川,高山,堺,高田,戸次
結 果





第一部(8チーム) 優 勝 旭化成(六連覇)
  準優勝 九州電力
  第三位 ダイコロA,B
優秀選手賞   江上選手(人事労務部)
最優秀新人賞 南選手(福岡東営業所)
第二部(16チーム) 優 勝 OJJA
  準優勝 大阪刑務所
  第三位 綜合警備保障
  IMS
  ※当社チームは二回戦敗退
内 容  
 
第一部      
1回戦 九州電力
東レ滋賀
準決勝 九州電力
ダイコロA
  嶺 
  ×  
大野
  川波
優勢  
大金
  南  
  ×  
堀 内
  江上
払腰  
坂本
  尾本
小外刈  
寺田
決勝 九州電力
A
旭化成
  嶺 
内股  
斉藤
  川波
  横四方
高橋
  南  
  ×  
河野
  江上
指導2  
繁昌
  尾本
  支釣込
松山

先鋒嶺は開始早々に豪快な内股で見事な一本勝。続く次鋒戦は相手ポイントゲッターに一本勝を許し,同点に。中堅戦新人の南が優勢に試合を進め追い込んだもののポイントを奪うに至らず引分。主将江上が勝ち,再びリードを奪うものの,大将戦で一本勝ちを許し,2対2ながら得点内容差により惜しくも優勝を逃しました。
 
第二部      
1回戦 九州電力
A
本田技研熊本
2回戦 九州電力
A
大阪刑務所
  桑原
反則勝  
山野
  倉石
  反則勝
江藤
  小川
優勢  
安部
  高山
  ×  
嶋羽
  境 
  合せ技
金谷
   

平成16年全日本柔道選手権(兼アテネ五輪最終選考会)
開催日 平成16年 4月29日(祝)
場 所 日本武道館
結果 江上選手 初戦敗退
  <内容>
江上 忠孝(四段)
  警 告
松本 勇治(五段,神奈川県警))
 相手は,先日福岡で開催された全日本選抜体重別90kg級 で五輪代表に選出された明治大学の泉選手を一本勝ちで破り,準優勝に輝いた警察柔道界の強豪選手。
試合は序盤から,江上選手の組み手を嫌う松本選手が,組際の技でポイントを稼ぐ展開。中盤,技の出ない両者に指導,注意。その後,袖口をつかんだ江上選手に警告が与えられ,このままタイムアップ。四年連続四回目の出場となった江上選手でしたが,観衆を魅了せぬまま今年の全日本は終わってしまいました。
今年の大会は,井上,鈴木,棟田の三人の世界チャンピオンが二つの五輪代表枠に挑む経緯がマスコミに頻繁に取り上げられたこともあり,会場となった日本武道館は立ち見が出るなど超満員に膨れ上がりました。
結果は,既報のとおり鈴木選手が井上選手を優勢勝ちで破り初優勝。日本一の座と五輪代表の座を獲得しました。
   

第46回九州柔道選手権大会        平成16年全日本柔道選手権予選(九州枠5名)
開催日 平成16年 3月14日(日)
場 所 諫早市小野体育館
出場選手 江上忠孝(人事労務部)  準優勝
    嶺 直樹(福岡営業所)  三回戦敗退
大会概要 体重無差別で柔道日本一を競う全日本柔道選手権の九州予選。
九州代表5枠をかけて熱戦が繰りひろげられました。
結 果
優 勝 高橋 宏明 (旭化成)
準優勝 江上 忠孝 (九州電力)
第三位 松崎 建司 (福岡県警)
 〃  肥本 博光 (熊本県警)
第五位 森  俊介 (福岡大学)
結 果(詳細)  
 
2回戦 江上
袖釣込  
堂前 (鹿児島商高校)
 
大外刈  
高橋(大牟田高校)
3回戦 江上
袖釣込  
後藤(大分県警)
 
  合せ技
高橋(旭化成)
4回戦
  優 勢
板井(大分県警)
準決勝 江上
優 勢  
窪田(旭化成)
決勝 江上
袖釣込  
松崎(福岡県警)
  江上
  注 意
高橋(旭化成)

 
   大会前,インフルエンザなどで体調を崩していた江上選手でしたが,初戦の豪快な一本勝ちを機に尻上りに調子を挙げ,ニ年ぶりの決勝進出を果たしました。
決勝戦の相手は,中央大学の一つ後輩でもある旭化成の高橋選手。これまで何度も試合を重ねており,手の内を知り尽くした相手という事で,序盤は静かな試合となりました。中盤以降,攻勢を強める高橋選手に対し,江上選手は得意の組み手を封じられ,やや防戦となったところに「指導」。残り二分過ぎに「注意」を受け,思うように攻め込めないままタイムアップ。三年ぶりの優勝は逃してしまいましたが,見事準優勝を果たし,四年連続四度目の全日本選手権出場を決めました。
一方の嶺選手は,初戦,期待の高校生 高橋選手との試合を一本勝ちで切り抜け,三回戦で高橋選手との試合となりましたが,体落とし「技あり」から寝技に持ち込まれ完敗。敗者復活戦でも大分県警の板井選手に対し,序盤ポイントを奪われ,中盤以降,追い上げたものの一歩及ばず敗退。期待が大きいだけに残念な結果に終わりました。
   

九州選手権・福岡県予選
開催日 平成16年 2月28日(土)
場 所 福岡武道館
出場選手 江上、川波、桑原、前田
結果(詳細)  
 
1回戦 前田(九州電力)
 
金子(福岡県警)
    僅差  
2回戦 江上(九州電力)
 
川波(東海大)
  (シード) 支釣込足  
  川波(九州電力)
 
高橋(大牟田高)
    大外刈  
  桑原(九州電力)
 
森(福岡大)
    僅差  
  前田(九州電力)
 
野田(福大クラブ)
    僅差  
3回戦 前田(九州電力
 
熊谷(福岡県警)
    横四方固  

九州選手権出場選手 江上選手
   

九州選手権・大分県予選
開催日 平成16年 2月22(日)
場 所 大分武道館
出場選手 尾本裕也
結果(詳細)  
 
2回戦 岐津(大分工業) 袈裟固め
3回戦 廣石(県警) 有効
       
準決勝 板井(県警) 判定
   技術的な課題は多々あったものの,準々決勝の試合に関しては,勝負どころで技が出せず,勝負に徹することができなかった自分自身の甘さが一番の敗因であったと思います。ぜひ,今週末試合のある江上,前田,桑原,川波にはこの一週間の練習の一本一本を試合のつもりで取り組んでもらいたいと思います。
私も皆に負けぬよう一からまた次の試合に向けて頑張りたいと思います。
    副主将 尾本裕也

九州選手権・鹿児島県予選


試合概要

試合時間:5分
試合規定:講道館試合審判規定
開催日 平成16年 2月22(日)
場 所 鹿児島アリーナ
出場選手 嶺 直樹
結果(詳細)  
 
1回戦 対 中屋 払腰 20秒
2回戦 対 新屋 内股 30秒
3回戦 対 田代 大外刈り 30秒
4回戦 対 佐伯(鹿屋体育大) 合わせ技 50秒
準決勝 対 長倉(鹿児島商業職 内股 15秒
決勝 対 堂前(鹿児島商業高校) 合わせ技 50秒
   見て頂いたらわかると思いますが,こんなにもレベルの低い試合でしたので,内容を重視した試合を心掛けました。
九州電力柔道部一発目の試合で今年一年の最高なスタートをきれたと思います。
全日本選手権出場を目標に,九選手権も頑張りますのでこれからもよろしくお願い致します。
     嶺 直樹