試合結果

平成29年 前期 平成29年 後期
平成28年 後期    
第66回全日本実業柔道団体対抗大
第56回西日本実業柔道団体対抗大会
平成28年全日本柔道選手権大会 兼 オリンピック日本代表選手最終選考会
全日本選抜体重別選手権大会 兼 オリンピック日本代表最終選考会
第58回九州柔道選手権 福岡県予選
グランドスラム・パリ
第44回大分県選手権大会
平成27年 前期 平成27年 後期
平成26年 前期 平成26年 後期
平成25年 前期 平成25年 後期
平成24年 前期 平成24年 後期
平成23年 前期 平成23年 後期
平成22年 前期 平成22年 後期
平成21年 後期 平成21年 後期
平成20年 前期 平成20年 後期
平成19年 前期 平成19年 後期
平成18年 前期 平成18年 後期
平成17年 前期 平成17年 後期
平成16年 前期 平成16年 後期
平成15年分 平成14年分

 厚生労働大臣杯争奪 第66回全日本実業柔道団体対抗大会
 

 11日(土)、12日(日)に宮崎市において、第66回全日本実業柔道団体対抗大会が開催され、当社から第一部及び第三部に、それぞれ1チームが出場しました。

この大会は、実業柔道の団体日本一を競う大会で、各チームが最も注力する大会です。今夏のオリンピックには、実業柔道から、男女代表14名中12名(残り2名は大学生)が出場しますが、その中からも複数の選手が会社の看板を背負い参加しました。

上位12チームの第一部に出場した当社チームは、近藤主将、エースの七戸龍選手を中心に二度目の入賞を目指しましたが、残念ながら初戦で新日鐵住金に破れ、上位進出はなりませんでした。

また、第三部にはベテラン選手を中心に出場しましたが、こちらは初戦突破したものの、続く三回戦で敗れました。

開催日 平成28年6月11日(土)〜12日(日)
場  所 KIRISHIMAツワブキ武道館 (旧名称:宮崎県立武道館)
出場選手

【第一部】上位12チーム 5人戦
  近藤 雅和 選手(福岡営)
  川波慎太郎 選手(福岡西営)
  山本 泰三 選手(業務本部)
  七戸  龍 選手(東京支社)
  帆高 純平 選手(福岡西営)
  七戸  虎 選手(福岡西営)
  宮本 康平 選手(福岡営)

【第三部】48チーム 5人戦
  尾本 裕也 選手(QOP)
  前田 貴志 選手(業務本部)
  沖田 竜一 選手(延岡送変電工事所)
  森  俊介 選手(QOP)
  福田 裕太 選手(熊本支社)

結  果
[第一部、12チーム]

優  勝
準優勝
第三位
第三位

日本中央競馬会 ※7年ぶり三回目
旭化成
パーク24A
新日鐵住金A

九州電力は、初戦で新日鐵住金Bに2対3で敗退

[第二部、23チーム]

優  勝
準優勝
第三位
第三位

東芝A
パーク24
センコー
旭化成

[第三部、48チーム]

優  勝
準優勝
第三位
第三位


了徳寺学園
京葉ガス
アイシン
宮崎県警察

九州電力は、三回戦敗退
九電工は、準々決勝敗退

[女子第一部、4チーム]

優  勝
準優勝

三井住友海上火災保険
JR東日本

[女子第二部、13チーム]

優  勝
準優勝
第三位
第三位

了徳寺学園
JR九州A
日本エースサポート
ヤックス

内  容
【第一部】
(一回戦) 九州電力
 新日鐵住金B
近藤選手
  反 則
谷井選手
七戸龍選手
大内刈  
武田選手
帆高選手
  合せ技
後藤選手
七戸虎選手
支釣足  
小野選手
川波選手
  優 勢
上林山選手
【第三部】
(二回戦) 九州電力
A
 OGAWA警備
尾本選手
合せ技  
大西選手
森 選手
上四方  
大山選手
前田選手
  引分け  
立花選手
沖田選手
  反 則
黒河内選手
福田裕選手
  優 勢
五十嵐選手
(三回戦) 九州電力
 肥後銀行
尾本選手
  反 則
平本選手
森 選手
反 則  
井上選手
前田選手
合せ技  
野中選手
沖田選手
  横四方
米村選手
福田裕選手
  横四方
田中選手
 






   

 内閣総理大臣杯争奪 第56回西日本実業柔道団体対抗大会
 

5月8日(日)、兵庫県尼崎市において第56回西日本実業柔道団体対抗大会が開催され、
上位8チームが出場する第一部に、当社及び九電工からそれぞれ1チームが参加しました。

それぞれに奮闘いたしましたが、残念ながら、いずれも初戦敗退となりました。

お休みのところ、応援にお越しいただいた皆さまには、誠にありがとうございました。

開催日 平成28年5月8日(日)
場  所 尼崎市記念公園総合体育館
参加者 川波慎太郎選手(福岡西営業所)
山本 泰三選手(業務本部)
近藤 雅和選手(福岡営業所)
七戸  龍選手(東京支社)
七戸  虎選手(福岡西営業所)
宮本 康平選手(新入社員、社員研修所駐在)
結  果 九州電力 初戦敗退 ※抽選の結果、来年度も第一部出場
九電工  初戦敗退 ※抽選の結果、来年度は第二部出場

[第一部]

 優 勝  新日鐵住金 ※2年連続19回目
 準優勝  旭化成
 第三位  ダイコロ
 第三位  日本エースサポート

内  容
【第一部】
(一回戦) 九州電力
 日本エースサポート
七戸 虎
優 勢  
山 本
川  波
  引分け  
奥 村
宮  本
  横四方
佐 藤
近  藤
  横四方
大 堀
山  本
  引分け  
大 辻
  九電工
 新日鐵住金
 
   

 平成28年全日本柔道選手権大会 兼 リオデジャネイロ・オリンピック日本代表最終選考会
 

29日、東京九段の日本武道館において、今年の柔道日本一を競う全日本選手権が開催され、
当社から七戸龍選手(東京支社)が出場しました。
この大会の結果を踏まえ、リオデジャネイロオリンピックの日本代表選手を選考することとなっており、代表入りを目指す七戸龍選手にとっては、圧倒的な内容での初優勝が不可欠でした。

結果は・・・、既に報道の通り、優勝した旭化成の王子谷選手に敗れ、第三位。
ライバルの原沢選手(日本中央競馬会)も準決勝で敗れ、大会は波乱の展開となりました。
大会終了後、オリンピック代表が協議され、直接対決で七戸龍選手を上回った原沢選手が代表となりました。

開催日 平成28年4月29日(金・祝)
場  所 日本武道館
結  果
優 勝  王子谷選手(旭化成) ※二年ぶり2度目
準優勝  上川選手(京葉ガス) 
第三位  七戸龍選手
第三位  原沢選手(日本中央競馬会)
内  容
 一回戦 七戸龍
優勢  
制野選手(センコー)
 二回戦 七戸龍
内股  
河原選手(京葉ガス)
 準々決勝 七戸龍
合せ技  
小川選手(明治大学学生)
 準決勝 七戸龍
  大外巻
王子谷選手(旭化成)
 

 

ロンドンオリンピック以降、低迷していた日本重量級復活の牽引者として、周囲の期待を一身に背負い、三度の世界選手権に出場。大きな重圧の中で、二個の銀メダルを獲得しました。一昨年の大会で、絶対的王者のリネール選手(フランス)
を今一歩まで追い込んだ大内刈りの切れは、世界中の柔道ファンを唸らせました。

残念ながら、4年に一度のオリンピック代表の座は手中にできませんでしたが、彼のこれまでの輝きが何ら色褪せることはありません。
先ずはしっかり怪我を治して、万全の体調で次の目標に向かっていただけたらと思います。

最後に、今回も多くの皆さまに会場まで足をお運びいただき、大きなご声援をいただきました。心から感謝いたします。
今後とも、七戸龍選手及び九州電力柔道部をよろしくお願いします。

 

   

 全日本選抜体重別選手権大会 兼 リオデジャネイロ・オリンピック日本代表最終選考会
 

福岡国際センターにおきまして、全日本選抜体重別選手権大会が開催され、七戸龍選手(東京支社)が参加しました。
この試合と4月末に東京で開催される全日本柔道選手権の結果により、今夏のオリンピック日本代表1名が選出されます。

開催日 平成28年4月2日(土)〜3日(日)
場  所 福岡国際センター
結  果
優 勝  原沢選手(日本中央競馬会)
準優勝  七戸龍選手 
第三位  上川選手(京葉ガス)
第三位  小川選手(明治大学学生)
内  容
 一回戦 七戸龍
優勢  
上田選手(新日鐵住金)
 準決勝 七戸龍
優勢  
小川選手(明治大学学生)
 決勝戦 七戸龍
  優勢
原沢選手(日本中央競馬会)
 

 

第2シードで優勝を狙う七戸龍選手は、オリンピック代表選考の重圧からか、動きが固かったものの順調に初戦、準決勝を勝利。
決勝は予想通り、代表選考のライバルである原沢選手との一戦となりました。ここ2戦僅差の勝負で敗れている七戸龍選手が序盤攻勢に出るもポイント奪うまでには至らず。その後原沢選手が盛り返し、七戸龍選手にのみ最初の指導。中盤、場外に出たことによる指導が七戸龍選手に与えられ、指導2差に。後のない七戸龍選手が、劣勢を挽回しようと前に出たところを内股で合わせられ有効。そのまま時間が過ぎ、痛恨の優勢負けとなりました。

代表決定まで、残りひと試合。厳しい状況ではありますが、我々は、ただ彼の勝利を信じ、応援するのみです。最後までご支援をよろしくお願いします。

 
   

 第58回九州柔道選手権 福岡県予選

福岡武道館において九州選手権の福岡県予選が開催され、当社から3名の選手が出場しました。
この大会は、体重無差別の柔道日本一を決定する全日本選手権の予選会です。社会人、学生、警察の各職域から選手が出場し、上位6名が次の九州予選に進出できます。
結果、それぞれに奮闘いたしましたが、残念ながら、予選突破はなりませんでした。

最後に、お休みのところ応援にお越しいただいた皆さまには誠にありがとうございました。

開催日 平成28年2月20日(土)
場  所 福岡武道館
結  果
川波慎太郎選手(福岡西営業所) 初戦敗退
山本 泰三選手(業務本部)   初戦敗退
七戸  虎選手(福岡西営業所) 5位決定戦敗退

※ 帆高純平選手(福岡西配電事業所)は怪我のため欠場。
※ 七戸龍選手は、昨年の全日本選手権準優勝のため予選免除。
4月29日の本戦のみ出場。 

【九州選手権出場選手】
青山選手(福岡県警察)
江藤選手(福岡県警察)
増田選手(福岡県警察)
松雪選手(福岡県警察)
古園井選手(JR九州)
古田選手(福岡県警察)

内  容
 一回戦 山  本
  上四方
古園井(JR九州)
 二回戦 七戸虎
払 腰  
細 野(北九州医療刑務所)
  川  波
  判 定
増 田(福岡県警)
 三回戦 七戸虎
  袈裟固
江 藤(福岡県警)
 敗者復活戦 七戸虎
優 勢  
安 田(福岡県警)
 5位決定戦 七戸虎
  大外刈
古 田(福岡県警)
 

   

 グランドスラム・パリ
開催日 平成28年2月6日(土)〜7日(日)
場  所 フランス パリ
結  果
七戸龍選手(東京支社) 第五位

優  勝 原沢選手(日本中央競馬会)
準優勝 サッソン選手(イスラエル)
第三位 モウラ選手(ブラジル)
第三位 メイヤー選手(オランダ)


内  容


 1回戦 七 戸
一本勝  
ナテア選手(ルーマニア)
 2回戦 七 戸
一本勝  
ボンボアサン選手(フランス)
 3回戦 七 戸
優勢勝  
モウラ選手(ブラジル)  
 準決勝 七 戸
  優勢勝
サッソン選手(イスラエル)
 3位決定戦 七 戸
  優勢勝
メイヤー選手(オランダ)
 

フランス・パリにおいてグランドスラムパリ大会が開催され、日本代表として七戸龍選手(東京支社)が参加しました。

世界ランキング2位で、今大会第1シードの七戸龍選手は、オリンピックに向け負けられない試合でしたが、準決勝でイスラエルのサッソン選手に一本負けを喫し、優勝はなりませんでした。
優勝は、同じく日本から参加し、七戸龍選手と代表を争う原沢選手でした。
オリンピックに向け、残すは4月の国内大会2つです。引き続き、応援をよろしくお願いします。

   

 第44回大分県選手権大会
開催日 平成28年2月6日(土)
場  所 県立総合体育館
結  果 近藤雅和選手(福岡営業所) 三回戦敗退

内  容


 1回戦 近 藤
内 股  
阿 部(日本文理)
 2回戦 近 藤
体落し  
樋 口(日本文理)
 3回戦 近 藤
  合せ技
村 岡(戸高鉱業社)