BACK  □ MANUAL  □ SEARCH
☆☆ 秩序を守って書き込みましょう ☆☆

Name / E-Mail /
Title / 削除キー / (半角8文字以内)
Comment/ (適当に改行を入れて下さい)
URL /
Color/

257/ 勝手に七戸応援団
・投稿者/ だんちょ
・投稿日/ 2011/05/01(Sun) 09:09:16
    七戸選手頑張りましたね。

    五輪出場を目指してこれからのご活躍を
    祈ります。






256/ 試合結果報告(全日本選手権)
・投稿者/ 渡邊裕二
・投稿日/ 2011/04/30(Sat) 11:43:19
    各位
    ※Gサウス有川さんへ  以下の内容をもとにHP試合結果への掲載をお願いします。今回は、画像データは、ありません。

    いつもお世話になります。
    4月29日(金、祝)、東京九段の日本武道館において、今年の柔道日本一を決める全日本柔道選手権が開催され、当社から2名の選手が九州代表として出場しました。5年ぶり3回目の出場を果たした森主将は、初戦で近畿地区2位の今本選手(五段、大阪府警)と対戦。序盤から体格に勝る今本選手に奥襟を取られ思うように技が出せない状況で、中盤に支釣込足で技あり奪われる。反撃を試みるものの、先手を取られ技をかけきれないまま指導を重ね、残り10数秒で3回目の指導を受け、今本選手の総合勝ち。残念ながら初戦突破はなりませんでした。
    一方、今春4月に福岡大学から入社した七戸選手は、初戦で長利選手(北海道地区2位、四段、北海道警)と対戦。初出場の緊張感が、第三者からも見てとれる状況でしたが、開始早々に体落としで一本勝ち。初めての大舞台で見事な勝利を飾りました。続く三回戦は、初戦で優勝候補の一角である棟田選手を破って勢いに乗る加藤選手(関東地区1位、四段、千葉県警)との対戦。体格では七戸選手が上回るものの、90kg級のトップ選手の一人として活躍する相手であり、接戦が予想されましたが。開始早々に七戸選手が内股で技ありを先取。その後も、組み手で勝った七戸選手が中盤に技ありポイントを追加し、見事に一本勝ち。初出場ながら、当社柔道部史上初のベスト8入りを果たしました。準々決勝の相手は、アテネ五輪金メダリストで復活優勝を狙う鈴木選手(東京地区1位、六段、国士舘大学教員)。序盤、若い七戸選手が先に先に技を仕掛け前に出れば、鈴木選手に指導1が与えられる。その後も4分過ぎまで七戸選手が攻勢。その後、鈴木選手が猛反撃に出て、逆に動きの鈍った七戸選手に指導1。最後まで、技によるポイントはなかったものの、後半1分半の鈴木選手の攻勢が効いて、結果判定負けとなった。
    残念ながら、ベスト8に終わったものの、初出場のベスト8入りは立派の一言。特に鈴木選手との一戦は、決勝と並び、この大会最高の盛り上がりでした。
    詳細は以下のとおりです。
    お休みの中、応援にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

    1 大会名 全日本柔道選手権
           ※全国10地区の予選を突破した35選手に前年度優勝者
            ・準優勝者、前年度世界柔道選手権優勝者3名を加えた
            40名が参加。体重無差別で今年の柔道日本一を決める、
            柔道界最高の大会です。
    2 期日  平成23年4月29日(金、祝)
    3 場所  日本武道館
    4 結果  森  俊介 初戦敗退
          七戸  龍 ベスト8
       
      <試合結果> 
        優 勝  鈴木 桂治(六段、国士舘大学教員)※4年ぶり4回目 
        準優勝  穴井 隆将(五段、天理大学職員)
        第三位  本郷 光道(三段、フォーリーフジャパン)
        第三位  高井 洋平(四段、旭化成)※九州代表
        ベスト8 西山 大希(三段、筑波大学3年)
         〃   七戸  龍(三段、九州電力)
         〃   高木 海帆(三段、東海大学3年)
         〃   立山 広喜(四段、日本中央競馬会)
    5 内容
     (二回戦)七戸  ○(体落し)   長利(北海道警)
          森    (総合勝)○  今本(大阪府警)
     (三回戦)七戸  ○(合せ技)   加藤(千葉県警)
     (四回戦)七戸   (判 定)○  鈴木(国士舘大教)

    [次回の試合予定]
    ・内閣総理大臣杯争奪第51回西日本実業柔道団体対抗大会
    ・5月8日(日)
    ・兵庫県 尼崎市記念公園総合体育館(ベイコム体育館)

    以上




254/ 第10回九州選抜中学生体重別団体優勝大会
・投稿者/ 大分人
・投稿日/ 2011/04/15(Fri) 10:37:40
    はじめまして
    出場選手の名前が上位3チームしかわかりません。
    他県(特に大分)の出場メンバーを知りたいです。
    掲示の方を宜しくお願いします。



255/ re: 第10回九州選抜中学生体重別団体優勝大会
・投稿者/ 渡邊裕二
・投稿日/ 2011/04/15(Fri) 10:56:40
    コメント、ありがとうございます。
    ご要望どおり掲載いたしますので、少し時間をください。
    以上




252/ 試合結果(九州選手権)
・投稿者/ 渡邊裕二
・投稿日/ 2011/03/13(Sun) 18:32:02
    各位
    ※Gサウス有川さんへ  以下の内容でHP試合結果への掲載をお願いします。画像データは、別のものから別途お送りします。

    いつもお世話になります。
    3月13日(日)、福岡武道館において第53回九州柔道選手権が開催され、当社から4月入社予定の1名を含む4名の選手が出場しました。熱戦の結果、森主将が第三位、七戸選手が準優勝と、2名の選手が見事に入賞を果たし、4月29日に東京、日本武道館で開催される全日本柔道選手権に出場することとなりました。当社としては、一昨年の川野選手以来の全日本選手権出場となります。
    なお、開会式において、当社の尾本選手が出場36選手を代表し、選手宣誓を行いました。
    詳細は以下のとおりです。
    お休みの中、応援にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

    1 大会名 第53回九州柔道選手権
    2 期日  平成23年3月13日(日)
    3 場所  福岡武道館
    4 結果  森  俊介 第三位 ※全日本選手権出場(3回目)
          尾本 裕也 初戦敗退 
          川野 達也 初戦敗退
          七戸  龍 準優勝 ※全日本選手権出場(初出場)
       <全日本柔道選手権九州代表> 
         優 勝 増渕  樹(旭化成) 
         準優勝 七戸  龍(福岡大学、4月に当社入社予定)
         第三位 後小路裕朗(福岡県警)
         第三位 森  俊介(九州電力)
         第五位 高井 洋平(旭化成)
    5 内容
     (一回戦)森   ○(判 定)   松村(熊本県警察)
     (二回戦)尾本   (内 股)○  増渕(旭化成)
          森   ○(判 定)   大鋸(旭化成)
          川野   (合 技)○  内柴(九州看護福祉大学教)
          七戸  ○(内 股)   中山(大分県警察)
     (三回戦)森   ○(判 定)   楠本(東長崎中学校教)
          七戸  ○(合 技)   陣内(佐賀県警察)
     (準々決勝)
          森   ○(判 定)   増田(福岡県警察)
          七戸  ○(内 股)   高井(旭化成)
     (準決勝)森    (内 股)○  増渕(旭化成)
          七戸  ○(大外刈)   後小路(福岡県警察)
     (決勝) 七戸   (背負投)○  増渕(旭化成)

    [次回の試合予定]
    ・平成23年全日本柔道選手権
      ※体重無差別で柔道日本一を競う柔道界最高の大会です。
    ・4月29日(金、祝)
    ・日本武道館
    ・出場選手
      森  俊介
      七戸  龍

    以上




251/ 試合結果報告(県予選)
・投稿者/ 渡邊裕二
・投稿日/ 2011/02/19(Sat) 23:53:14
    各位

    いつもお世話になります。
    2月19日(土)、福岡武道館において第53回九州柔道選手権福岡県予選が開催されました。当社から5名(4月入社予定者1名を含む。)、九電工から1名の選手が出場し、森選手、川野選手、七戸選手(4月入社予定、福岡大学)が上位5名に入り、3月13日(日)に同所で開催される九州柔道選手権に福岡県代表として出場することになりました。
    詳細は以下のとおりです。
    お休みの中、応援にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

    1 大会名 第53回九州柔道選手権福岡県予選
    2 期日  平成23年2月19日(土)
    3 場所  福岡武道館
    4 結果  森  俊介(福岡支店)   第5位
          川波慎太郎(QOP)    代表決定戦敗退
          山本 泰三(福岡東営業所) 代表決定戦敗退
          川野 達也(福岡南営業所) ベスト4進出
          七戸  龍(福岡大学)   ベスト4進出
          中島 大勝(九電工)    三回戦敗退

       <福岡県代表>
          後小路裕朗(福岡県警)※県予選免除
          江藤 大暁(福岡県警)
          川野 達也(九州電力)
          増田 貴大(福岡県警)
          七戸  龍(福岡大学)
          森  俊介(九州電力)
    5 内容
     (二回戦)中島  ○(小外刈)  鹿毛(南筑高校)
          川野  ○(小外刈)  西條(十全会)
          川波  ○(背負投)  鎮守(十全会)
          七戸  ○(大 腰)  江藤(福岡刑務所)
          山本  ○(袖釣込)  徳田(大牟田高校)
          森   ○(小外掛)  山口(福岡教育大学)
     (三回戦)中島   (横四方)○ 青山(福岡県警)
          川野  ○(判 定)  川波弟(福岡県警)
          川波  ○(背負投)  豊田(福岡拘置所)
          七戸  ○(移 腰)  郷原(福大クラブ)
          山本  ○(判 定)  浦邉(福岡拘置所)
          森   ○(合 技)  富松(福岡県警)
    (準々決勝)川野  ○(判 定)  青山(福岡県警)
          川波   (判 定)○ 七戸
          山本   (合 技)○ 江藤(福岡県警)
          森    (判 定)○ 増田(福岡県警)
     (決定戦)山本   (判 定)○ 森
          川波  ○(判 定)  青山(福岡県警)
          川波   (浮 技)○ 森

    [次回試合予定]
    1 大会名 第53回九州柔道選手権
    2 期日  平成23年3月13日(日) 10時〜
    3 場所  福岡武道館
    4 参加者 森  俊介
          尾本 裕也 ※大分県代表
          川野 達也
          七戸  龍

    以上







250/ 第45回全九州実業団結果
・投稿者/ 渡邊裕二
・投稿日/ 2010/10/17(Sun) 16:19:44
    各位

     本日、福岡武道館において「第45回全九州実業団対抗柔道大会」が開催され、当社から第一部、第三部に各1チーム、九電工から第二部、第三部に各1チームが出場しました。5年ぶりの優勝を目指した当社チームでしたが、決勝で旭化成に破れ、準優勝に終わりました。
     なお、第二部において九電工チームが第三位、第三部において当社チームが優勝を果たしました。
     詳細は以下のとおりです。
     今回は、いつにも増してたくさんの応援をいただきました。お休みの中、会場にお越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

    1 大会名
      第45回全九州実業団対抗柔道大会
    2 期日
      平成22年10月17日(日)
    3 場所
      福岡武道館
    4 結果
      [第一部、5人戦、上位8チーム]
       優勝  旭化成(5年連続38回目)
       準優勝 九州電力
       第三位 かつ柔道クラブ
       第三位 戸鉱業社
          
      [第二部、5人戦、16チーム]
       優勝  福岡拘置所
       準優勝 ホンダ熊本
       第三位 綜合警備保障
       第三位 九電工
     
      [第三部、3人戦、24チーム]
       優勝  九州電力
       準優勝 福岡拘置所A
       第三位 旭化成福岡柔道クラブ
       第三位 山小屋
       ※九電工チーム 一回戦敗退

    5 内容
      [第一部]
      (一回戦)
       九州電力 3対1 旭化成福岡柔道クラブ
        
      (準決勝)
       九州電力 3対0 戸鉱業社
       
      (決勝)
       九州電力 0対3 旭化成
        森   内股 ○ 増渕
        山本  指導2○ 野田
        川野  指導2○ 垣田
        近藤  引分け  辻
        川波  引分け  大鋸   

      [第二部]
      (一回戦)
       九電工  5対0 光仁会病院

      (二回戦)
       九電工  1対1 国分自衛隊
        ※代表戦の結果、九電工勝利

      (準決勝)
       九電工  0対4 福岡拘置所
     
      [第三部]
      (一回戦)
       九電工  1対2 都城自衛隊B
       九州電力 3対0 新日鉄八幡 

      (二回戦) 
       九州電力 1対1 光仁会病院A
        ※代表戦の結果、九州電力勝利
     
      (三回戦)
       九州電力 2対1 都城自衛隊A

      (準決勝)
       九州電力 2対1 山小屋

      (決勝)
       九州電力 2対1 福岡拘置所
        ※前田選手、沖田選手、嶺選手、桑原選手(途中負傷交代)

    以上




249/ 全日本学生優勝大会報告
・投稿者/ 渡邊裕二
・投稿日/ 2010/06/27(Sun) 22:00:43
    1 結果
      優勝  東海大学 3年連続16回目
      準優勝 国士舘大学
      第三位 明治大学
      第三位 山梨学院大学 ※初のベスト4

    2 内容(当社関係分)
     [一回戦]
      中央大学 5対1 広島国際大学
      福岡大学 6対1 北海道大学
      慶応義塾大学 4対3 関東学園大学
      筑波大学 5対2 道都大学
      明治大学  ?  日本経済大学
      同志社大学 ?  東京農業大学
      早稲田大学 4対2 流通経済大学
      松山大学 2対0 中京大学
      国士舘大学 7対0 九州共立大学
      
     [二回戦]
      東海大学 7対0 立命館大学
      中央大学 4対1 龍谷大学
      福岡大学 4対1 慶応義塾大学
      筑波大学 4対1 近畿大学
      明治大学 6対0 名城大学
      同志社大学 5対1 北陸大学
      天理大学  ?  専修大学
      早稲田大学 4対1 松山大学
      
     [三回戦]
      東海大学 4対0 中央大学
      福岡大学 5対2 東洋大学
      明治大学 3対2 筑波大学
      国際武道大学 3対2 同志社大学
      山梨学院大学 4対2 天理大学
      桐蔭横浜大学 5対1 早稲田大学
      
     [準々決勝]
      東海大学 5対1 福岡大学
       海老 ○ ?   鐘井
       杉淵  引分け  中村
       長島 ○内股   石橋
       吉田 ○払腰   平嶋
       手塚  合技 ○ 七戸
       熊代 ○上四方  森
       高木 ○内股   田中
      明治大学  ?  国際武道大学
      山梨学院大学 3対2 桐蔭横浜大学
      国士舘大学 1対0 日本体育大学

     [準決勝]
      東海大学 4対2 明治大学
      国士舘大学 4対0 山梨学院大学

     [決勝]
      東海大学 3対2 国士舘大学
       熊代  指導2○ 岩尾
       海老  引分け  百瀬
       羽賀 ○内股   辻坂
       長島  大内返○ 上杉
       吉田  引分け  佐藤
       手塚 ○優勢   寺島
       高木 ○優勢   春山

    以上     




248/ No Title
・投稿者/ 試合結果のご報告
・投稿日/ 2010/06/06(Sun) 22:27:08
    各位

    6月5日、6日、東京綾瀬にある東京武道館において第60回全日本実業柔道団体対抗大会が開催され、当社から2チーム、九電工から1チームが参加しました。この大会は、9月に53年ぶりに東京で開催される世界柔道選手権東京大会に出場する日本代表選手も数多く参加する実業柔道界最高の団体戦であり、東京での開催は実に51年ぶり。
    5日には、帝国ホテルにおいて、60周年記念パーティ兼世界柔道選手権代表選手壮行会が開催され、山口全日本実業柔道連盟会長、上村全柔連会長ほか数多くの来賓、実業団所属の代表選手らが参加しました。
    5月の西日本大会以降、十分に稽古を積み、大きな怪我人もなく、悲願の第一部ベスト4入りに向け臨んだ大会でしたが、残念ながら複数の世界代表選手を擁する了徳寺学園に敗れ、目標達成はなりませんでした。
    詳細は以下のとおりです。

    1 大会名
      厚生労働大臣杯争奪第60回全日本実業柔道団体対抗大会
    2 期日
      平成22年6月5日(土)〜6日(日)
    3 会場
      東京武道館
    4 結果
      [第一部、5人戦、上位12チーム]
       優勝  新日本製鐵(10年ぶり28回目)※富士製鐵時代を含む
       準優勝 日本中央競馬会
       第三位 旭化成A
       第三位 旭化成B
       ※当社チーム、初戦敗退 ⇒ 次年度、第二部降格
      [第二部、5人戦、24チーム]
       優勝  ADRIA
       準優勝 日本通運
       第三位 東レ滋賀
       第三位 まるや接骨院
       ※当社チーム、初戦敗退
      [第三部、5人戦、72チーム]
       優勝  旭化成
       準優勝 センコー
       第三位 府中刑務所
       第三位 東京拘置所
       ※九電工チーム、初戦敗退
    5 内容
      [第一部]
      (一回戦)
        九州電力 0対4 了徳寺学園
         森   引分け  森本
         近藤  背負投○ 穴井
         川野  背負投○ 西村
         山本  小外掛○ 佐藤
         川波  指導2○ 矢崎

      [第二部]
      (二回戦)
        九州電力 1対4 ADRIA
         高野  合せ技○ 鈴木
         平川  合せ技○ 中野
         嶺  ○指導2  坂本
         沖田  合せ技○ 大平
         高山  内股 ○ 大川

      [第三部]
      (二回戦)
        九電工  1対3 アイシン
         石橋  引分け  福田
         高山  指導3○ 中川
         山路  払い腰○ 今庄
         中島  優勢 ○ 榊原
         小田口○払い腰  忠内

    以上




247/ 渡邊裕二
・投稿者/ 試合結果のご報告
・投稿日/ 2010/05/09(Sun) 22:55:12
    各位

     本日、尼崎市において「内閣総理大臣杯争奪第50回記念西日本実業柔道団体対抗大会」が開催され、当社から第一部、第三部に各1チーム、九電工から第三部に2チームが出場しました。12年ぶりの優勝を目指した当社チームでしたが、準決勝で旭化成に代表決定戦の末破れ、第三位に終わりました。
     詳細は以下のとおりです。

    1 大会名
      内閣総理大臣杯争奪 第50回記念西日本実業柔道団体対抗大会
    2 期日
      平成22年5月9日(日)
    3 場所
      尼崎市記念公園総合体育館
    4 結果
      [第一部、5人戦、上位8チーム]
       優勝  旭化成A(12連覇)
       準優勝 ダイコロ
       第三位 九州電力
       第三位 新日本製鐵
       【参考:過去の第一部優勝回数・・・50年の歩み】
         旭化成   28回   
         新日本製鐵 16回(富士製鐵時代の3回を含む)
         東レ     4回
         クラレ  1回
         九州電力  1回(平成10年、第38回)
       
      [第二部、5人戦、13チーム]
       優勝  東レ滋賀A
       準優勝 戸鉱業社
       第三位 日柔整請求サービス
       第三位 十全会おおりん病院
       ※当社チーム 不参加
      [第三部、3人戦、57チーム]
       優勝  旭化成
       準優勝 大阪刑務所A
       第三位 近畿通関
       第三位 関西大学柔友会
       ※当社チーム 二回戦敗退、九電工Aチーム 三回戦敗退、九電工Bチーム 一回戦敗退
    5 内容
      [第一部]
      (一回戦)
       九州電力 4対0 近畿通関
        山本 ○指導3  鳥入
        近藤  引分け  山川
        森  ○小外刈  浅見
        尾本 ○指導2  珠玖
        川波 ○指導2  砂原
        
      (準決勝)
       九州電力 2対A 旭化成A
        森  ○横四方  谷口
        近藤  引分け  西潟
        川野 ○優 勢  木村
        山本  反 則○ 大鋸
        川波  指導3○ 増渕
       <代表戦>
        川野  反 則○ 大鋸 
       ※今季最初の旭化成戦。先鋒戦で、手首の怪我も癒え本来の実力が戻ってきた森選手が、中量級の強豪谷口選手を圧倒し幸先良く1点選手。続く近藤選手は、旭化成の強力新人西潟選手と技の応酬の末、引分け。中堅川野選手が、これまで何度も当社選手が敗れてきた木村選手から技ありポイントを奪い、2点目のリード。しかし、副将戦では、当社のポイントゲッターの一人である山本選手が、二回り大きな大鋸選手に対し、果敢に攻め込んだものの、直接下半身を手で攻撃したことによる痛恨の反則負け。大将戦では、川波主将が増渕選手相手に奮闘しましたが、指導3による優勢負けを喫し、勝負は代表戦へ。当社からは川野選手、旭化成からは大鋸選手が出場。序盤からがっちり組み合い、牽制しながら、それぞれに指導。終盤上から持たれて、頭を下げられた川野選手に対して指導が与えられ、反則負けに。結果、逆転負けとなりましたが、日本一奪還を目指す旭化成との大接戦は、6月の全日本実業団に向け、良い教訓となりました。
      
      [第三部]
      (一回戦)
       九電工B 0対1 大阪刑務所A
        ※詳細未確認
       九州電力 2対1 京都医健専門学校B
        高野  大内返○ 石田
        平川 ○優 勢  伊藤
        嶺  ○横四方  渡辺 
       九電工A 2対0 大阪ガス 
        ※詳細未確認

      (二回戦)
       九州電力 1対2 近畿通関
        高野  払い腰○ 土井
        平川  背負投○ 原口
        嶺  ○優勢   吉田 
       九電工A @対1 ダイコロ
        ※詳細未確認
     
      (三回戦)
       九電工A 1対2 徳島刑務所A
        ※詳細未確認

    【次回の試合予定】
     6月5日(土)、6日(日)
     厚生労働大臣杯争奪 第60回全日本実業柔道団体対抗大会
     於:東京武道館

    以上  






246/ 川波、ありがとう!
・投稿者/ 宮田 真治
・投稿日/ 2010/04/22(Thu) 19:44:12
    天理大学45期生の宮田と言います。今現在はパチンコで有名な潟}ルハンで働いております。出稽古コーナー拝見させて頂きました。私も写っています。川波、ありがとうね!大学卒業から約8年、柔道とはほとんど縁の無い生活で、久しぶりに同期で集まり、数年ぶりの乱取りの相手がいきなり現役バリバリの警察官、実業団の選手ばかりで死にそうになりました(笑)でも、大した怪我も無く(足の親指の爪が剥がれましたが…)無事終われて良かったです。とても楽しいひと時でした。また定期的に集まれたらいいですね!!





全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
編集/削除フォーム
記事NO
(半角数字)
/
削除キー/